葉酸サプリ 副作用の心配がないおすすめ

着床出血と妊娠検査薬

妊娠初期症状としてみられるのが、2週間以上続く基礎体温の高温期や着床出血、腹痛などが起きたりすることですが、医師に診せる前に、一応自己確認のために利用されているのが、妊娠検査薬といった自宅で使用されるキットです。着床出血は、生理前に見られる少量の出血で、受精卵子が子宮に着床する際に起こるとされています。着床出血がみられるのは、生理が順調であれば、生理予定日一週間前の排卵時期から予定日迄の間で、あったとしても少量ですが、何も起こらない場合の方が多く、他の症状と併せて考え、この時に検査薬で妊娠の可能性を確かめてみることになります。微量出血がなかったので着床していない、というわけではないので、併せて心得ておきたい項目です。しかし、妊娠検査薬が察知できるのはその時の現象であることを踏まえ、妊娠確率のほんの目安であることも、しっかり自覚しておきたいところです。微量の出血が見られても、着床出血だけが原因とは限らないからです。子宮外妊娠や卵管破裂に結びつくことがあるので、妊娠検査薬で陽性反応がでたら、ただちに産婦人科の診察を受けることが大事です。妊娠検査薬は、生理が一週間以上遅れた時からが、使い時とされています。妊娠初期症状とされる他の症状についても、調べて心得ておくことも必要です。