葉酸サプリ オーガニック

冷えからの不妊に漢方治療?

近年の晩婚化は高齢妊娠の増加につながり、多くが不妊症の悩みを抱える状況に至っている、というデータもあるようです。高齢妊娠に限らず不妊の悩みは深刻な場合があります。他のリスクも抱えながらも、無事に我が子を授かりたいという願いは変わりません。不妊治療は様々な検査を受けることでかなりのストレスを受けるものとの話をよく聞きます。最近は、漢方による不妊治療が、話題をよんでいます。メリットの一つは、自宅で漢方薬による継続治療が可能だということでしょう。漢方では、幾つかの症状によって不妊の原因を探っていきますが、中でも“冷え”が、不妊原因のトップにあげられています。冷えは日頃からの自覚症状により処方された、シロップ状の「婦宝当帰膠」を長く使用して効果をあげているという例もありますが、漢方の大事なところは、個々の体質に合った漢方薬を処方するので、個性のの微妙な差に注意を払っているもの、それに漢方薬は即効性を期待するものではないことを理解しておきましょう。従って、任意で選ぶのではなく、専門医との詳しい問診が、大事なポイントになります。一口に“冷え性”と思っていても、原因はそれぞれで違いますから、他の人に合った漢方薬でもご自身に合うとは限らないことを、知っておくことは大事です。