葉酸サプリ 天然素材

不妊に漢方周期療法

女性の社会進出がめざましいことで晩婚化が進み、伴って不妊の悩みを抱える人口も増えています。近年注目されているのが、漢方による不妊治療です。漢方での不妊治療は、日常生活の生活習慣を見直すことにより、偏った食生活、日常的な不眠そして様々な状況から受けるストレスなどを改善して、体内のホルモンバランスを正していくことから始めるものです。漢方が即効を目的としているわけではないという所以が、ここにあります。従って、不妊に効く漢方薬は何、ということではなく、個々の体質傾向や生活習慣など、専門医とのカンファレンス、詳しい問診によって治療が始まると、考えておくことが大切です。漢方治療でポピュラーに用いられている中に、周期療法があります。ここでは月経期、低温期、排卵期、高温期と分け、周期に沿って漢方薬を処方し、体質を改善していく治療法です。低温期と排卵期に関してみてみると、低温期では月経期に減少した血液や栄養素、ホルモンの回復を目的とした当帰、芍薬、山薬、熟地黄などを含んだ漢方薬が処方されるようです。また、排卵期では、ホルモン分泌を促し、滞りなくスムーズに排卵や黄体化が行われ、次の高温期へ繋がるように、婦宝当帰膠、冠元顆粒や桂枝茯苓丸などが漢方相談により専門医から処方されるようです。